赤坂サーチ|美味しいおすすめランチの情報満載!

東京都港区赤坂周辺を「盛り上げ・知ってもらう」メディアです

「川の音 赤坂店(かわのね)」で「黄金鯵の開きと鱈西京焼(1,200円)」のランチ

「川の音 赤坂店(かわのね)」で「黄金鯵の開きと鱈西京焼(1,200円)」のランチ

[公開日] 2018年07月21日09:44   [更新日] 2018年07月23日20:15

川の音 赤坂店(かわのね)

「川の音 赤坂店(かわのね)」で「黄金鯵の開きと鱈西京焼(1,200円)」のランチ 「吉野家」を曲がって「赤坂ラーメン」の近くの「みすじ通り添付沿い」にある居酒屋さん。

看板メニュー

看板メニュー

ランチメニュー

ランチメニュー ランチビールもあり昼のみもできます。

黄金鯵の開きと鱈西京焼(1,200円)

黄金鯵の開きと鱈西京焼(1,200円) 焼き魚を食べたくて「黄金鯵の開きと鱈西京焼(1,200円)」を注文。
「焼き魚」なので注文してから15分程度かかりました。これは、しょうがない。
「味噌汁・漬物・小鉢・鯵の開き・鱈西京焼・ご飯」が付きます。ご飯は大盛を注文。

小鉢はネバネバした小松菜かな?味も上品で美味しい。
味噌汁の具はお麩。味も良い。

「黄金鯵の開き」と「鱈西京焼」

「黄金鯵の開き」と「鱈西京焼」 「鯵の開き」は厚みもなく、塩味が強く、油ものってない。
スーパーで安く売ってる「鯵の開き」と同等。
「黄金鯵??」と疑問に思ってしまうような「鯵の開き」。

「鱈西京焼(たら)」は肉厚で良い。しかし、「西京漬」の味は薄い。
「鯵の開き」も「鱈西京焼」も両方たんぱくななので、酒のつまみにはいいけど、ご飯のおかずと考えると、このセットは…。
どちらの魚も、特別美味しいわけではないです。
焼き加減は良いです。

価格からいっても満足感は少ないかな。

店内

店内 階段を下りて扉を開けると滝がお出迎え。
滝はお出迎えをしてくれたが、店員さんがなかなか見つからず…。
見つかっても、凄い塩対応。普段は厨房の人なのかな?接客は…。

川も流れて

川も流れて 13時に入店して4割程度の客入り。
合コン向きなお店。
「川の音 赤坂店(かわのね)」を予約する

お得に予約する

「川の音 赤坂店(かわのね)」店舗情報

おすすめ度 ★★★☆☆☆
店名 川の音 赤坂店(かわのね)
交通手段 地下鉄千代田線赤坂駅1番出口 徒歩1分/地下鉄赤坂見附駅 徒歩5分/地下鉄溜池山王駅 徒歩5分
赤坂駅から169m
住所 東京都港区赤坂3-13-4 赤坂三河家ビルB1
地図
営業時間 昼/11:30~14:00(月~金)
夜/16:30~23:00(22:30ラストオーダー)
定休日 土曜・日曜・祝日は、夜のみの営業となります。
ホームページ kawanone.net
食べログ tabelog.com(口コミ:38件 / 評価:3.00)