赤坂サーチ|美味しいおすすめランチの情報満載!

東京都港区赤坂周辺を「盛り上げ・知ってもらう」メディアです

「京いろめし 洛匠(らくしょう)」で「春の旬せいろ(1,620円)」のランチ

「京いろめし 洛匠(らくしょう)」で「春の旬せいろ(1,620円)」のランチ

[公開日] 2019年03月12日06:31  

京いろめし 洛匠(らくしょう)

「京いろめし 洛匠(らくしょう)」で「春の旬せいろ(1,620円)」のランチ 六本木通りを少し曲がり飲食店が数店ある通りにあります。
カンティーヌ アリ・バブ」の2階。

ランチメニュー

ランチメニュー ランチは「せいろ」蒸しのご飯。
価格は高めでどれも「1,300円」オーバー。外税。

京漬物

京漬物 嬉しいことに「京漬物」が食べ放題! 京漬物 一通りよそってみた。どれも塩味がきつすぎない。
いくらでも食べれてしまいそう…。種類も豊富。楽しい。

春の旬せいろ(1,620円)

春の旬せいろ(1,620円) 10食限定という「春の旬せいろ(1,620円)」を注文。
とっても綺麗♪「小鉢2種・刺身・赤だし・せいろ・チョコのムース」が付きます。
小鉢の「れんこん・玉子焼き」も美味しい。
「刺身」も2切れ入って新鮮。
チョコのムースも濃厚。どれも、ちゃんと作られた料理。 春の旬せいろ(1,620円) 一体何種類のっているんだろう?というぐらい種類豊富な具材がのってます。
「ふきのとう・菜の花・ふき」が春ですね。真ん中には「穴子」が。
「ゆりね・ほたるいか・れんこん・エビなどなど」沢山のってます。 春の旬せいろ(1,620円) ご飯の上には錦糸卵。中には鮭がたくさん混ざってる。 春の旬せいろ(1,620円) せいろで炊かれた「ご飯・具材」はどれもふっくら。優しい食感。
上品なダシの味で具材の味がはっきりと出る。美味しい。
とても贅沢な混ぜご飯。幸せな味がします。 春の旬せいろ(1,620円) 漬物の横には「お茶漬け」用のお出汁が置いてあります。 春の旬せいろ(1,620円) お茶漬け…、これ、やばい…。
ただでさえ美味しいご飯にダシが入ることでよけいに一体感が。
何杯でも食べれちゃうな…。
量もしっかりあるのでお腹いっぱいになる。
価格の価値は確実にあります。春の味がしました。

卓上

卓上

店内

店内 土曜日だったので、あまりお客さんはいなかったけど平日は人気店。
大将が接客をしてくれたけどとても気の利く優しい方だった。
料理にも大将の人柄が出ている。
店内は高級感もあり落ち着ける。 素敵なお店。

「京いろめし 洛匠(らくしょう)」店舗情報

おすすめ度 ★★★★★★
店名 京いろめし 洛匠(らくしょう)
電話番号 03-6441-0878
交通手段 溜池山王駅徒歩3分 赤坂駅徒歩5分
住所 東京都港区赤坂2-21-10ヴェール赤坂2F
営業時間 月~金、祝前日: 11:30~14:00 (料理L.O. 14:00 ドリンクL.O. 14:00) 18:00~22:00 (料理L.O. 22:00 ドリンクL.O. 22:00)
土: 11:30~15:00 (料理L.O. 15:00 ドリンクL.O. 15:00)
定休日 日、祝日
食べログ tabelog.com(口コミ:3件 / 評価:3.10)